える

ショッ

サポート。

 デザインと機能は自由にカスタマイズ可能。Wixでオリジナルの本格ネットショップを作成。クレジットカード、コンビニ決済、Pay-easy(ペイジー)を含む豊富な決済方法のほか、SNSを通じたネット販売など多彩な機能でビジネスをサポートします。

 ドラッグ&ドロップの直感的な編集操作で全国区クオリティのネットショップを制作します。数百種類のパーツや機能から、ブランドイメージを完璧に表現した最良の販売サイトに仕上げます。

 商品の魅力を引き立たせるスマートな商品ギャラリーのほか、関連商品、ほしい物リスト、ショッピングカート、カートに追加ボタンなどの EC機能を完備。ショップサイトのニーズに合わせ、商品ギャラリーや個別の商品ページを自由にカスタマイズできます。

段ボールを運ぶ男性
500種類以上のデザインから選択。

 Wixには500種類以上のネットショップが作成できるテンプレートが用意されています。
 日本にはカラーミーショップ・BASE・STORES・MakeShopなど数多くのショピングカートサービスが存在しますが、その中でも500種類以上と圧倒的なテンプレート数が用意されているのはWixストアの強みの1つでです。
 また、Wixは誰でも簡単にホームページ作成ができる直感的な操作性がウリのホームページ作成ツールということもあり、ショップ作成時にもHTML・CSSなどの知識は必要ありません。

越境EC向けの機能あり。

 Wixには越境EC向けの機能が用意されており「言語切替ボタン」「自動翻訳機能」などが使えます。日本だけでなく、海外に向けて物販(越境EC)を行いたいのであれば、Shopifyと並んで筆頭候補の1つとなってくるでしょう。

商品説明に動画埋め込み可能。

 Wixストアでは動画を埋め込むことが可能となっています。動画で商品説明した方が、購買率が高くなる傾向があり、Amazonをはじめ多くのショッピングサイトでも導入されていますが、Wixストアでも動画の埋め込みが可能となっています。
 また、写真のズーム機能など、映える写真を多様したい方にはWIxは使いやすいでしょう。

商品の一部キャンセルができる。

 Wixストアでは商品の一部のみキャンセルといった機能があるので、1つの商品をキャンセルするために全商品のキャンセルしてしまい、その後の離脱というリスクを減らせます。

ホームページとしても使える。

 Wixはもともとホームページ作成ツールということもあり、公式ホームページとしても使いやすいです。「ECサイト機能がある公式HP」として運用したいのであれば、デザイン性も高く、強力なWebサイトビルダー機能のおかげで、誰でも簡単にWebサイトが作成できます。

日本語での電話サポートに対応。

 これまで筆者はWixストアだけでなく、Wix自体には否定的なスタンスでした。大きな理由の1つが日本でのサポート体制が弱いことがあります。
 Wixはホームページ作成初心者のユーザーが多いのですが、電話サポートがなく海外にカスタマーサポートがある点が致命的で、特にECサイトの制作においては電話サポートはぜひとも必要なサービスでした。2019年に念願の日本法人が設立されて、本格的に日本でのサポート体制を強化されたので、カスタマーサポートの弱さは改善されつつあります。

定期購入もできる。

 Wixストアでは「有料プラン」アプリを使うことで、定期購入にも対応。オンラインサロンやトレーニングジムの会費などの無形商材の決済もWixストアに定期購入機能を使うことで実装することができます。他にも割引クーポン・メルマガ機能など、様々なマーケティング機能が用意されています!

月額1,800円、振込手数料は無料。

 Wixはネットショップを開設する場合には、ビジネスプラン(月1,800円)以上を選択する必要があります。

 例えばBASEは月額費用は無料ですが、手数料が発生。売上が見込まれる場合にはWixのほうが有利となります。例えば、BASEは決済を行う際には「決済手数料3.6%+40円とサービス料3%」がかかります。一方、Wixは、銀行振込の場合、手数料は発生しません。また、他の決済でも決済手数料も3.6%以下で、売上が33,279円以上の場合はWixが有利となります。